So-net無料ブログ作成

SxS デスクトップPCでホットスワップ [PC]

10/25のエントリーで、デスクトップに増設したMG-P19022に、AREAのExpressCardスロット増設ボード JOINT EXPRESS からSxSが読めなくなったと書きました。

あれから、色々試してみましたが、SxSをホットスワップで認識はするものの、中のデータを認識できずフォーマットしますかと聴かれる始末。

こうなったら、RATOCのREX-PE50EX 購入か?
とも思ったのですが、RATOCのものも結局はSxSのユーティリティを別途購入することでの対応となっている。

では、ユーティリティだけ購入して、AREAのJOINT EXPRESSとの組み合わせでもうまくいくんじゃね?
的な発想の元、3000円でダウンロード購入。

さくっとインストールし、SxSカードを突っ込んでみると、ユーティリティがSxSの挿入を検出し、「SxSカードを有効にします」の選択肢が現れ、選択すると無事データにアクセスできるようになった。
yukou.jpg
yukou2.jpg

clipdata.jpg

この状態でユーティリティからは「SxSカードを無効にします」が選択可能で、選択すると取り出し可能な状態となる。
(ツールやExplorerで開いていると警告が出る)
mukou.jpg
mukou2.jpg

無保証ながらRATOCのツール3000円には値段以上の価値があると言える。
やけに高いボード(といっても2万そこそこだけど)をわざわざ購入する必要性は、見た目と動作保証が必要な人のみのようだ。

ついでに、8GBメディアでのベンチ結果も。
bench091029_1.jpg

以前ノートPCのExpressCardスロットで計測した時の結果。
SxS 8GB.jpg

シーケンシャル、ランダム共に読み込みはほぼフルスピード出ていると言えそう。
MG-P19022 経由でも目立ったパフォーマンス劣化はなさそう。
(FIRECODER Bluも刺さった状態ですが、未使用時)

最後に。
完全に保証外の使い方ですので、やる方は自己責任で。
機器構成が違うだけでツールが動かなかったり、壊れたりする可能性もあります。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。